かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『ヒアアフター』はコミュニケーションをとりにくい映画だよ。

ヒアアフター

 こんにちは。ここ最近の異常なアクセス数は何だったのでしょうか。
 更新しないといつも通りの数字に戻りますね。

 今回はクリント・イーストウッドの監督最新作『ヒアアフター』の感想でございます。どうぞよろしく。

 観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。公開間もない事もありけっこう混雑しておりました。若い女性が多めでした。確かにイーストウッド作品は女性に人気があるような気がします。


概要:製作・監督・音楽はクリント・イーストウッド。製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。
 パリのジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は、恋人と東南アジアでのバカンスを楽しんでいた。だがそのさなか、津波に襲われ、九死に一生を得る。それ以来、死の淵を彷徨っていた時に見た不思議な光景(ビジョン)が忘れられないマリーは、そのビジョンが何たるかを追究しようと独自に調査を始めるのだった。サンフランシスコ。かつて霊能者として活躍したジョージ(マット・デイモン)。今では自らその能力と距離を置き、工場で働いていた。しかし、好意を寄せていた女性との間に図らずも霊能力が介在してしまい、2人は離ればなれに。ロンドンに暮らす双子の少年ジェイソンとマーカス(フランキー・マクラレンとジョージ・マクラレン)。ある日、突然の交通事故で兄ジェイソンがこの世を去ってしまう。もう一度兄と話したいと願うマーカスは霊能者を訪ね歩き、やがてジョージの古いウェブサイトに行き着く。そんな中、それぞれの事情でロンドンにやって来るジョージとマリー。こうして、3人の人生は引き寄せ合うように交錯していくこととなるが…。
"allcinema online"より抜粋)


 前作『インビクタス -負けざる者たち-』では「他者に何かをを伝えることの素晴らしさ」を描いていたイーストウッドだが、公開前から評判が芳しくなかった本作『ヒアアフター』では「他者とコミュニケーションをとる困難さ」を描いていると思う。

 ここで言う「コミュニケーション」とは、例えば単純に相手に何かを伝えることだったり、相手の気持ちを察して行動することだったり、相手の内に入り込みすぎないことだったりといった、人が他者と接する時必要な諸々のことを言う。

 本作の主人公は三人。
 マット・デイモン演じる人の気持ちが解りすぎてしまう苦しみと、その苦悩を理解してもらえない苦しみに悩むアメリカの元・霊媒師ジョージ。
 ニュースキャスターという人に何かを伝えるという仕事に就きながら、大洪水にあった際の臨死体験を伝えられないことに悩み孤立していくフランス人女性マリー。
 もう一人の自分であるところの双子の兄を突然亡くし、自分が欠けてしまったような感覚が拭えず、心を閉ざしてしまい、もう一度だけなんとかして兄と話がしたいと願うイギリスの少年マーカス。

 彼らはなんとかして他者と分かりあいたいが、うまくいかない歯痒さに苦しむ。
 例えば冒頭の洪水の際に、マリーをはじめとするその場に居合わせた人々がなんとか被災者の命を繋ごうと奮闘するも、伝わりきらず尊い命が次々と失われていく悪夢のようなスペクタクルシーンから始まり、本作はコミュニケーションが取れない歯痒さをところどころで演出する。
 特にジョージが料理教室で出会った女性と別れざるを得なくなるエピソードの切なさとか、双子の兄の葬式を事務的にこなす牧師とか、遺された弟の閉ざした心をなんとか開きたい里親たちなど、登場人物たちにこれといった悪人はいないのに、それでもそれぞれが孤立してしまうその切なさは白眉。

 物語は3人の主人公によるエピソードをそれぞれ平行させて進むが、その3つが絡み合うことは終盤までない。彼ら3人が出会えば、彼らの苦悩は全てが丸く収まるはずなのだ。マリーはジョージに会えばその体験を共有できるはずだし、マーカスもジョージに会えばもう一度兄に会える。ジョージの誰にも理解されない孤独な苦しみはマリーならなんとかしてくれるはずだ。しかし彼らは住む国も違えば、生活環境もまるで違う3人、彼らが出会うなど奇跡に近い。

 様々な孤独の苦しみを経て、ようやく三人が出会えたことにより、三人はその苦しみから解放される。観客は人と人が天文学的な確率で出会い、そしてコミュニケーションとるということの困難さと素晴らしさを彼らの出会いで知る。

 以上、『ヒアアフター』は交じり合わない意思と、交じり合わないそれぞれのエピソードを描き、それが運命的についに交じりあったそのカタルシスによってコミュニケーションをとることの困難さと素晴らしさを描いているのではないかと考える。


 と、ここまではとてもいい映画なんだと思います。シンプルだけど大切で深遠なテーマ性もイーストウッドらしくて流石。

 しかしながらそこに「死後の世界」を絡ませる必然性がどうしても僕には解らない。
 こういうオカルティックな映画にはナイト・シャマランのようなそういうジャンルに対する偏愛が欠かせないと思うのですが、イーストウッドにそういった愛は感じられない。
 なので「死後の世界」に対する様々な考察や拘りなど描かれず、ただイーストウッド映画には珍しい「スピリチュアル」というその飛び道具性のみが誇張されてしまう。するとそちらばかりに目がいってしまい、「コミュニケーションをとる困難さ」といったテーマ性がボヤけてしまう。
 例えばここシャマランや高橋洋なんかだと死後の世界の考察をしっかりして、その考察の中にテーマ性をしっかり絡ませて、観客は「死後の世界」という題材を楽しんでいると知らずのうちに「コミュニケーションをとることの困難さ」を感じているといった構造にしてくれると思う。

 その点本作はどうしても描いているオカルティックな要素とテーマ性が乖離してしまっているように感じられてしまうのだ。

 この死後の世界云々はプロデューサーのスピルバーグの趣味な気がしてならなく、そういう偏愛の持ち主スピルバーグならそこらへん上手く撮ってくれただろうに…そこがとても残念でした。


 他に良かった点としては、その作劇センスは相変わらず素晴らしく、こんな地味でじれったい物語なのに飽きさせることがないところ。

 あと洪水シーンのすばらしさ。あそこでぐっと物語に引き込まれる。

 あとあと目隠しの料理教室シーンのエロスとか。思えばあのシーンは目隠ししている故に他者に気がねなく気持ちを伝えられ、作中で珍しくコミュニケーションがとれたというなかなか面白いシーンでしたね。

 世間の悪評ほど駄目な映画ではないと思いますが、やはり立て続けに傑作を連発しすぎたせいで観客が設けたハードルが高すぎたのではないかって思います。もうイーストウッドもすっかり歴史的巨匠の仲間入りなんですね。まぁ黒澤明もヒッチコックもキューブリックもアレンも宮崎駿もスピルバーグもたまにこけているんだ。イーストウッドだってたまにはこけるさ。次回作も期待しております。

 大島優子レベル。

 次回はジョニー・トーの作品ですが、ようやく日本公開で、本国では2007年の公開だったそうです。『MAD探偵 ~7人の容疑者~』の感想でござい。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/02/25(金) 02:08:41|
  2. 映画ハ行
  3. | トラックバック:16
  4. | コメント:0
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。