かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「週刊少年ジャンプ」2010年43号の一言感想 その(2)

ジャンプ

 今週の「週刊少年ジャンプ」の感想その(2)でございます。
 「その(1)」の感想はこちら。

『黒子のバスケ』(センターカラー)
 誠凛対秀徳つづき。
 黒子が緑間に対して感じていた「違和感」とは緑間がパスを狙っていたことでした。普通のプレイヤーならそんなこと当たり前のことなのに、緑間のプライドが高くてパスもしないほどチームに頼らなかったのが唯一の弱点でしたが、それを克服したのにみんなびっくり。でもそれそんなにすごいことなのか? 当たり前の事を当たり前にしただけなのに。
 秀徳がいつにも増して真剣であると重々承知の上で試合に挑んだにもかかわらず、敵の「プライドが高いからパスをしない」なんていう不確かすぎる要素に勝機を託していたとしたら甘すぎないか?
 てなわけでうっかりでピンチに陥った誠凛、これを救うキーマンは木吉らしいけれど…。

『べるぜバブ』
 急にやってきた早乙女先生に担任を奪われた佐渡原先生の立場が無さすぎる。せっかく教師として何かを見つけだしたのに…。
 そんな早乙女先生、東条や魔界とも関係があるくさく、石矢魔の不良どもが魔界に乗り込む展開もあるのだろうか。
 不良軍団対悪魔軍団なんていう永井豪漫画みたいな展開を希望。したらば邦枝さんは間違いなく服がびりびりに引き裂かれて壮絶な死を遂げるであろう。

『保健室の死神』
 アシタバくんのピンチは早々に解決され、操ちゃんを他の人にも触れさせようと宿舎へ連れ帰る話へ。
 今回はモザイクで登場の謹慎中の安田くん。やたらいじられキャラになってきている。人気投票の順位が気になるところです。安田くんが出ると物語がワッと賑やかになっていいですね。全部持ってちゃうけど。

『逢魔ヶ刻動物園』
 丑三時水族館の面々登場。
 館長はフジツボが着いているだけでクジラ人間?
 マグロ人間の女の子がエロいです。セックスをする時自分は何も動かずただただ受け身って意味の「マグロ」ってフェティズムの一つとして数えていいものなのだろうか? まあたくさんいそうですね、マグロ女好き。
 あと前回気になった一角さんは本当にイッカク人間らしいです。水族館にイッカクがいたり、今回鷹のタカヒロが動物園メンバー7人を乗せたコンテナを持って空を飛んでたりしてたけど、そういうリアリティの無さが命とりになると思うんだ。
 いつも書いているけれど、ファンタジーはファンタジーゆえに、なんでも許していたらめちゃくちゃになるため、現実世界を舞台にした作品よりずっとリアリティが重要になってくるわけで。

『いぬまるだしっ』
 園長と幼なじみの「こぎつね幼稚園」の園長の話。仲良さげなのに実は人生の重要なポイントで足を引っ張りあっていたりして、何故か最後は『BLEACH』のパロディ。
 『BLEACH』みたいに展開が割とパターン化していて真面目にカッコつけている漫画ってパロディ化すると面白いけれど、あまりする人いませんでしたね。セリフにあんまりクセがないからやっても解りにくいか。

『めだかボックス』
 善吉をトレーニングしたのは名瀬ちゃんでした。
 名瀬ちゃんがどんどんいい子になっていってる。いい子っていうよりも「人がいい」のか。
 で、対球麿川の戦術は、見てしまうと動けなくなるから目をつぶること。それって『すごいよマサルさん』でうまい棒とティッシュが打倒セクシーコマンドーとして編み出した技じゃないか!「少年ジャンプ」愛読者の球麿川くんはそこんとこどう思っているんだろうか。
 圧倒的不利なキャラが格上相手に序盤で押しまくるのは、普通に考えたら敗北フラグですが、ひねくれもののこの漫画のことだから、またウラのウラのそのまたウラをかいてきそうだ。久々に俯瞰して作品を見ている読者を更に俯瞰して見ている作者の視線を感じました。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
 溶接しまくる両さんの話。
 少年らしい遊びが大好きな両さんが溶接に凝ることになんら違和感を感じないのだが、アオリ文に「男子たるもの一度は熱くなった経験のある溶接!!今宵はハンダが恋しくなるぜ!!」と書いてあるから、男子の溶接好きはわりと共通認識なのだろう。
 あの絶対無敵と思われる鉄が溶けて好きな形に変形する所に、征服のロマンを感じるのだろうか? 地球の3割は鉄だそうな。『メタルカメタリカ』も「鉄」をテーマにするなら、そっちの方で男らしく攻めていったら良かったのに…あれ? おかしいな、武井先生の顔がふいに脳内をよぎったよ。あれ? おかしいな? 即刻打ち切りくらったはずなのに何故か「ウルトラジャンプ」で連載しているマンガがある。
 「溶接」がテーマなら地味に溶接について熱く地味に秋本節をふるううんちく展開でも良かったのに。「タモリ倶楽部」みたいに。

『PSYREN -サイレン-』
 07号が弥勒に到着した事で、彼女の目的もある程度は達成されたのだろうか。世界が滅んだ理由を求めていてアゲハたちを拉致したんだよね? ずいぶんとまどろっこしいことしていたような。
 身勝手な弥勒に、アゲハが怒って真っ黒な「暴王」に変身して次回。おい、そこに、身勝手な理由で君をはじめとする人を拉致し、散々殺しまくっていたお姉さんもいますよ?

『SWOT』
 バネバネの実みたいなスタンド能力を使ったり、どこかの打ち切りマンガで見たような学ランに日本刀さしたキャラクターが出てきて、2年生は強かったって話。あんだけ猛威をふるっていた斬島くんをいちころに。
 3年生はもっと強いそうだけれど、じゃあ留年したらより最強じゃね?
 裏社会を牛耳るなら、この高校に入学して「カクゴ習得」のカリキュラムを組んで、留年しまくったらいいんだよ!

『ジャン魂G!』
 今週気になったネタは「日本一イヤな流しそうめん決定戦」というコーナーでの、藤沢市負箙ビタタヌンケさんの「流れ流れて場末のスナックに行き着く。」という松本清張の描くような、物悲しき東北の地方都市を思わせるネタや、同コーナーにて新潟県カゲシタさんの「エッシャー監修。」という「ジャンプ」らしからぬややアカデミックなネタ。

巻末コメント
(大石浩二先生のコメント)「妖怪ブリーフ」ネタが3週連続に。このままいつまで続くか見物である。

(秋本治先生のコメント)ラジオの予約録音レシーバーが便利だそうです。深夜ラジオファンとしては僕も持っておきたいです。そういえば、先日「キング・オブ・コント」の日に久保先生がtwitterでエレキコミックを応援していましたが、漫画家はラジオのヘビーリスナー多そうですね。


 今週の最優秀キャラクターは、モザイクがかった『保健室の死神』の安田くんも良かったですが、ぶーたれながらもやたらと人が良かった『めだかボックス』の名瀬ちゃんで。


ユンボル 安全版 上 (ユンボル 安全版) (ジャンプコミックス)ユンボル 安全版 上 (ユンボル 安全版) (ジャンプコミックス)
(2010/08/04)
武井 宏之

商品詳細を見る

ユンボル 安全版 下 (ユンボル 安全版) (ジャンプコミックス)ユンボル 安全版 下 (ユンボル 安全版) (ジャンプコミックス)
(2010/08/04)
武井 宏之

商品詳細を見る

OLYMPUS ICレコーダー機能付ラジオ録音機 ラジオサーバーポケット PJ-10OLYMPUS ICレコーダー機能付ラジオ録音機 ラジオサーバーポケット PJ-10
(2010/01/22)
オリンパス

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/09/29(水) 00:48:27|
  2. 少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『ミレニアム2 火と戯れる女』はパート3に続くよ。 | ホーム | 「週刊少年ジャンプ」2010年43号の一言感想 その(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/140-f2d5f9aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。