かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「週刊少年ジャンプ」2010年44号の一言感想 その(1)

ジャンプ44

 今週の「週刊少年ジャンプ」の感想です。
 今週は『NARUTO』がお休み。

『ONE PIECE』(巻頭カラー)
 ようやく連載再開。尾田先生の扉絵ではないカラー原稿は久々に見ました。
 2年後ということで同窓会気分。容姿自体は大幅には変わることなくみんなちょこっと変わった感じかな。チョッパーとブルックは衣装だけ違う。ロビンちゃんは『セックス・アンド・ザ・シティ』みたいになっていて、フランキーはアイデンティティーであるはずのリーゼントが無くなって丸坊主でかなりマッチョになっている。ゾロは丹下左膳さながらの隻眼になっていて、サンジとウソップは男らしくなりましたね。サンジ、なんか違和感があると思ったら隠れている目が逆だ!
 10年以上慣れ親しんだ彼らの微妙に変わった姿にいつになったら慣れるだろうか。
 で、そんな読者の不安を踏まえてかルフィたちにまるで似ていない「偽麦わらの一味」が登場して、読者の違和感を中和させているような。尾田先生の描くこういう貧相な悪はとても好きです。
 偽麦わらの一味が新人募集のビラを撒いたことで、一人くらい新しい仲間が着いてくる展開希望。

『バクマン。』
 連載をもう一本持つか悩むシュージン。行って欲しくはないけれど、自分ももう一本描きたい複雑な気持ちのサイコー。
 最近は二人のキャラクターも一人歩きしはじめて、互いの気持ちを互いが代弁するようになっていましたが、そういう両者の息のあった関係がこじれはじめて、互いが互いの気持ちを分かりすぎていることが弊害になっているような複雑な関係になっていますね。
 ただ今作において「絶対」の立ち位置を持つ新妻エイジが、シュージンが新連載を持つことはダメだと言っているあたり、二人の進もうとしている道はあまりいい方向ではないのであろう。じわじわと忍び寄るコンビ解消の危機に戦々恐々です。
 先日NHKにて『バクマン。』のテレビアニメが始まったばかりだと言うのに「ンガ…テレビ根性ないですね、ガッカリです」というエイジに笑った。

『BLEACH』
 藍染戦のエピローグ。一護が語るに藍染は天才すぎて孤独に苦しみ、自ら崩玉を拒絶したのではないか? 同じ目線に立ってくれる誰かを探していたのではないかとのこと。
 そういうことはさ、ちゃんと前もって考えているのならば、全部終わって一護の口から語らせるよりも、藍染の素振りや仕草から読者に感じさせてくれなくちゃならないと思います。ぼくの読解力が足りないだけかもしれないけれど。『ジョジョ』のDIOや『ドラゴンボール』のフリーザやセルや魔人ブウは「強者ゆえの孤独」を語らずとも感じさせてくれたと思います。
 あぁでも孤独ゆえに同じ目線の強者を探していたからこそ、一護の仲間たちを誰一人として殺さなかったのかもしれませんね。

『黒子のバスケ』
 誠凛は本来超攻撃型なスタイルであったが、木吉が不在でそれが出来なかったと。しかしながらチームワークの整ってきた秀徳は真骨頂を取り戻した誠凛に負ける事はなく、超攻撃合戦でなんとか誠凛が食らいつく戦いに。でもって、木吉もカントクも読者も「こいつ役に立たねえんじゃねえか?」って感じていた主人公黒子がキーマンらしいです。
 試合展開はスピーディーでわりと面白いのですが、第2Q終了のブザーに「だぁああ、もう終わり!?」「まちきれねー早く後半始まってくれー」と変な薬をキメているのかと疑うほど盛り上がりまくる観客たちの声にまたもやすごく萎えてしまいます。
 あぁ、サッカーワールドカップで渋谷ツタヤ前で盛り上がりまくる人々、もしくは成人式でバカ丸出しの新成人を見ている感じに近いんだ。

『家庭教師ヒットマン REBORN!』
 了平対紅葉決着。往年のボクシング対決らしく相打ち。どちらも敗北扱いだそうです。戦いが終わるとどちらが勝っても初代ボンゴレとシモンの記憶が再生されるそうです。
 初代ボンゴレもシモンも普通に善人でイケメンなんですね。イケメンが多すぎてわけわからん。
 天野先生の絵は今時のイケメンっぽいキャラよりも、今週の最後に登場した不敵な笑みを浮かべる加藤ジュリーみたいなユニークな顔のキャラクターが好きです。

『LIGHT WING』
 次第にサッカーが盛り上がってきた市立帝条。練習が辛くて辞める者もいれば、残ってやる気を増している者も。
 で、早速吏人がかつて在籍していた日本一の高校生チーム東京ヴェリタスユースの2軍と練習試合。吏人は部活サッカーをバカにしまくるヴェリタスに怒って反発したため、チームから落とされてしまったのだろうか?
 いきなり本丸に乗り込み、バカにされまくるものの、意外に善戦する吏人たち。
 それオフサイドじゃね?って思ったけれど、パスを出す時に吏人の前に二人敵がいたのを超絶スピードで吏人が抜き去り、彼らの先にあるボールをとったので、それはオフサイドにならないそうです。へー。
 シュートしたときキーパーが何故かゴールの隅っこにいたのが気になりました。普通前に出ない?

『トリコ』(センターカラー)
 来年春に『ONE PIECE』と共に映画化するそうです。中途半端な短編を上映するよりも、前回の映画『STRONG WORLD』のインパクトを超えるために、どうせなら『ONE PIECE』とコラボすればいいのに。
 脅威のグルメ界にてノッキングマスター次郎に救われるトリコ。彼は実は小松によってトリコを助けてくれと泣いてせがまれてやってきたそうな。で、グルメ界攻略に不可欠なものは「小松を信じ、頼る、素直な心」だそうです。トリコの脳裏に小松のフラッシュバックが。「トリコさ~ん」「待ってくださいよ、トリコさ~ん」。で、「小松っ!」て急に叫ぶトリコ。「素直な心」ってなんですか? なにを認め、なにをカミングアウトする「心」ですか?
 まったく関係ないけれど、神木隆之介くんがオカマっぽくなったともっぱら話題だそうです。

『銀魂』
 定春に出来ていたイボと同じものが実は皆にもできていて、そのイボが皆を乗っ取って擬態し変貌させていたという、急にSFホラーみたいな展開に。
 赤ん坊の人形を連れた女装した近藤は楳図チックで本当に恐かったです。
 で、実は新八も土方もイボに乗っ取られていて、イボに乗っ取られたフリをしてヤムチャのコスプレをしていた銀さんに退治されておしまい。しかしながら来週も『銀魂』休載で、再来週は修行あけの月牙状態になった一護のコスプレをしようかなというオチでした。
 ていうか大人神楽ちゃんもう出ないのかよ…。『銀魂』キャラで久しぶりのヒットだったのに。新八は九ちゃんと神楽ちゃんを意識しちゃって気まずいんじゃないか?

『ənígə【エニグマ】』
 3人目の能力者はひいな先輩。知性派の彼女らしい能力と思いきや、目には見えないけれど手形だけは見える「第3の手」を扱うという案外シンプルな力でした。手形意味ないんだ…。攻撃力もあまりないそうです。最近の「少年ジャンプ」にしては『X-MEN』なみにシンプルな能力が多いですね。
 スミオはひいなのシャワー中に飛び込んでくるべきだと思うんだ。そういう王道展開は外さないで欲しい。
 あと敵襲がないと緊迫感がないですね。ゾンビみたいなザコキャラでいいから敵が欲しい。能力をうまく使って、謎を解くだけではなく、実際に戦闘に活用して欲しいです。まぁ武闘派っぽい先輩もいるし、そこらへんは追々かな?


 てなわけで「ジャンプ感想」その(2)に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/10/05(火) 01:35:56|
  2. 少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「週刊少年ジャンプ」2010年44号の一言感想 その(2) | ホーム | 『ロストパラダイス・イン・トーキョー』は簡単だけど簡単じゃないよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/143-327a5ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。