かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『悪人』は悪い映画だよ。

悪人

 今回は、ちょっと今更ですが、話題作ですね。『悪人』の感想。
 ネタバレしてますので要注意。
 観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。人気作でもあり、平日の夜でしたが、混み合っていました。老若男女いらっしゃいましたが、やはり若いカップル客が多め。


概要:吉田修一の同名小説を『フラガール』や『スクラップ・ヘブン』の李相日(リ・サンイル)が映画化。原作者吉田修一が李監督と脚本を共同執筆、音楽は久石譲。
 長崎のさびれた漁村に生まれ、自分勝手な母に代わり、引き取られた祖父母に育てられた青年、清水祐一(妻夫木聡)。現在は、土木作業員として働き、年老いた祖父母を面倒見るだけの孤独な日々を送っていた。そんなある日、出会い系サイトで知り合った福岡の保険外交員・石橋佳乃(満島ひかり)を殺害してしまった祐一。ところが、捜査線上に浮上してきたのは福岡の裕福なイケメン大学生・増尾圭吾(岡田将生)だった。苦悩と恐怖を押し隠し、いつもと変わらぬ生活を送る祐一のもとに、一通のメールが届く。それは、かつて出会い系サイトを通じてメールのやり取りをしたことのある佐賀の女性・馬込光代(深津絵里)からのものだった。紳士服量販店に勤め、アパートで妹と2人暮らしの彼女もまた、孤独に押しつぶされそうな毎日を送っていた。そして、話し相手を求めて祐一に久々のメールを送った光代。やがて、初めて直接会うことを約束した2人だったが…。
("allcinema online"より抜粋)


 アクション映画やミステリー映画では、もしくはワイドショーでは、ギミックとして軽く扱われがちな「死」であるが、本作は、映画にするにはあまりに貧相な殺人事件に関わった人々(被害者や加害者、彼らの関係者)の苦悩をサディスティックなまでに丁寧に描き、「悪」とは何かを考える。
 そこにおいて「あの人は、悪人なんですよねぇ…」という深津絵里演じる馬込光代の最後の台詞の真意を考えてみたい。

 「悪」とは性格や精神ではなく単なる「行為」である。寝るとか食べるとか笑うとかと同じ。ただ蹴飛ばす、あざけ笑う、殺す。それだけ。アクション映画でスタローンがそこらへんのザコ兵を殺しても「悪」にならないように、法的にはその「行為」が現代社会の規範にそぐわなければ「悪」となり、規範内の行為であれば「悪ではない」と見なされるだけ。要は「悪」かどうかは視点の違いなのである。
 被害者の父をあざけ笑う横尾圭吾(岡田将生)は、法的には「悪」ではないが、被害者の父石橋佳男(柄本明)にとってはこれ以上ないほどの「悪」である。
 本作の最後、主人公裕一が光代(深津絵里)に起こした殺人未遂は社会的には「悪」であるが、光代にとっては「悪」の行為ではなかった。
 終盤、横尾圭吾を殺そうとした石橋佳男の行為は、その動機にいくら同情の余地があろうとも、社会的にも石橋佳男にしても「悪」であった。
 石橋佳乃(光島ひかり)を助けようとした妻夫木は自身の行為を「悪ではない(あるいは善とすら思ったかも)」と思ったのであろうが、光島にとって、見栄を張ることでひた隠しにしていた劣等感を露にされた状態を蔑みを抱いていた妻夫木に憐れみの目で見てきたその行為はどうしても「悪」に見えたのであろう。

 このように今作の登場人物の多くは倫理的あるいは社会的に「悪」の行為を犯している。では社会でも倫理でも個人でもなく、「本作の視点」では何を「悪」とみなしているのであろうか
 ただ孤独である者が孤独ゆえに自分のためだけに犯す行為を「本作の視点」では「悪」とみなしていると思われる。孤独ゆえに自分のために殺し、または殺され、人をあざけ笑う。
 逆に他者のために犯した行為を「本作の視点」では「悪」とは見なさない。
 妻夫木や深津絵里、光島に岡田は孤独故にいつまでも田舎にいてこのままどこにも行けない閉塞感を感じている。(それを演出する日本海の松本清張的な寒さと100円ショップ的な「モノに溢れた貧しさ」がすごくいい。深津絵里の衣装や自転車、妻夫木の汚い金髪。ラブホテル、カーステレオから流れる加藤ミリヤ、そして深津絵里が閉じ込められている巨大なチェーン店が並ぶ国道)
 一方で「灯台」には何かしらの希望がある。それは少年時代の妻夫木が欲していた「光」であり、優しく温かい場所。その場で終盤裕一から光代へと行なわれる殺人未遂は、光代のための行為でもあり、それ故「本作の視点」では「悪」の行為ではないのだ。

 だとすれば、光代の最後の台詞「あの人は、悪人なんですよねぇ…」は、社会的にも倫理的にも「悪」とされている彼の行為を指していて、光代や「本作の視点」(中盤以降、本作は多く光代の視点で語られるため「本作の視点」≒「光代の視点」と考えてもいいだろう)では、彼を「悪」とは完全には見なしていない。

 以上のように、光代の最後の台詞は社会や倫理によって一義的にされがちな「悪」について、ある種の皮肉を込めて語られた台詞なのではないだろうか。
 孤独ゆえに悪事を犯し、また一方で愛や情ゆえに悪事を犯す人間は、「悪」ゆえに恐ろしく、「悪」ゆえにいとおしいのではないだろうか、深津絵里が上記の台詞を語った表情(あるいは岡田将生を殺すべくペンチ片手に怒りに声を震わせながら「大切な人」について語る柄本明、殺人を犯した息子がかつてプレゼントしてくれた安っぽいスカーフにしがみつく樹木希林)には、そのような慈愛も読み取れた。
 重く凄惨な作品なのに、何故だかどこかで心が暖かくなる面白い映画でした。


 他に良かった点として、言わずももがな役者が良いです。鉄板である柄本明や樹木希林はもちろん、今や鉄板になりつつある満島ひかりのバカ女っぷりは、『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の安藤サクラ以来だし、バカ大生っぷりを遺憾なく発揮した岡田将生も『告白』以上のバカっぷりを見事に演じていて好印象。そして深津絵里のくたびれて貧相な感じと美しさ、エロさ。
 妻夫木くんはもうちょっと不細工にした方が、モテない孤独な青年のみじめさや悲哀が表れてよかったかな。


 以上、こういう硬派で作家的な作品がきちんとヒットして評価されているのは大変好ましい事ですね。
 美波レベル。

 次回はオシャレ映画ですよ。『シングルマン』の感想。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/10/14(木) 12:15:23|
  2. 映画ア行
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<『シングルマン』は内面を着飾るファッションだよ。 | ホーム | 『彼女が消えた浜辺』はデタラメ嘘つき映画だよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/149-c5d2f969
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「悪人」レビュー

映画「悪人」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明、他 *監督:李相日 *原作:吉田修一 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。...
  1. 2010/10/15(金) 04:12:25 |
  2. 映画レビュー トラックバックセンター

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。