かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『リトル・ランボーズ』は自己肯定映画だよ。

リトルランボーズ

 今回は『リトル・ランボーズ』の感想です。
 観に行った映画館はシネクイント。ちょこちょこいらっしゃいましたが、そこまで混んでいる感じはなく。若い女性客が多め。可愛らしい感じですし、渋谷パルコのオシャレな雰囲気が、この映画にあっているのかな。
 

概要:監督・脚本は『銀河ヒッチハイク・ガイド』のガース・ジェニングス。
 1982年のイギリス。郊外の町に暮らす少年ウィル(ビル・ミルナー)は、父親のいない家庭に育った小学5年生。家族が戒律の厳しい教会に属しているため、テレビや映画はおろか、ほとんどすべての娯楽を禁じられる窮屈な日々。それでも持ち前の豊かな想像力で健気に生きていくウィル。そんなある日、ひょんなことから学校きっての悪ガキ、リー・カーター(ウィル・ポールター)と知り合う。そして、彼の自宅で生まれて初めての映画『ランボー』を観て、強い衝撃を受ける。すっかりランボーに夢中のウィルは、リーが兄ローレンス(エド・ウェストウィック)のビデオカメラで作ろうとしていた自主映画に参加、自ら“ランボーの息子”になりきって主演するのだが…。
"allcinema online"より抜粋)


 今回はまず不満を書きますね。
 例えば物語の本筋があまり『ランボー』と関係なく、題材に『ランボー』を扱う意味が希薄じゃないかっていう問題。敢えて意味をつけるのならば『ランボー』の持つ孤独感が彼らの共感を呼び、その男らしさが彼らに無き父性を感じさせたからとも読めるが。

 あと主人公たちの映画製作にディディエ(ジュール・シトリュク)など、どんどん知らない人が入り込んできて手におえなくなるって問題と、ウィルやリーの家族の問題が同時にあって、で、その二つの問題がすこし乖離したところにありながら同列に進行してしまったため、更生が複雑化し、今、物語がどういう葛藤と向き合っているのか途中よく分からなくなってしまった点とか。

 あとあとこれが一番ガッカリなんだけど、最初の『ランボーの息子』を撮影しているシーンで、アクロバティックな撮影をして危険な目にあっているというギャグをCGを使ってまで表現するんだけど、80年代の子供が作った「手作り映画」ってなら、あの映像ギャグはとてもいらないと思いました。もっと原始的で等身大の嘘くさくない撮影方法でなければ、彼らが撮った映画も嘘くさくなって、その映画が流れるラストシーンに少し傷がついてしまった気がする。

 他にもラストのリーの兄貴ローレンスのくだり、わかりやすく心情を説明しすぎじゃね?とか。あれは、ローレンスがビデオを見ていたとき、ウィルが入ってきたので、隠すようにサッとビデオを止めて、『ランボーの息子』内での彼のリーに対する告白もカカシの缶をかぶったままでよくないか?って。その程度にとどめてくれれば、見ているこちらも想像力が刺激されて感動もひとしおだったと思われる。余計なシーンを省いた分、終盤突然登場した映画館や病院や警官とウィルの関係を描いて欲しかった。


 と、不満を並べましたが、さんざん泣いてしまいました。映画館出て顔隠さなきゃならないほど涙こぼしました。不満点がたくさんある映画だなんて分かっております。でもそんなんどうでもよくなるくらい、この映画が好きなんです。

 何故ならば単純に僕は映画を撮っていたから、そしてこれからも機会があれば撮りたいと思っているからなんだと思います。

 まず本作は映画を初めて作る時の描写がとても面白く表れていることについて、解説。
 例えば二人のあの行き当たりばったりの手探りでモノを創っている感じとか、出来不出来なんか考えず(というか盲目的に傑作と信じて)とにかく空想の中に生きて映画を作るのが楽しくてしょうがなかったあの気持ち、後先のことなんて何も考えなかったから湯水のように湧き出るイメージ(あの聖書やトイレの落書きの素晴らしさ!空飛ぶ犬と悪魔のカカシ!)、そして作っていくことで次第にうまれる障害(特に映画などの集団で作るものの場合メンバーとの対立)、達成感と同時に現れる何にも思い通りにいかない悔しさと無力感(二人の喧嘩は本当に哀しかった)などなど、「当時こうだったよな」っていうあの気持ちをとても上手く丁寧に、かつコミカルにセンスよく描写していて、彼らが映画を撮っている姿をずっと見ていたいという気持ちになる。


 同じようにモノを作ることをテーマにした映画『SR サイタマノラッパー』は、主人公がアラサーで全て失ってもラップだけは残っていたってのが良かったけれども、今作の主人公は将来性があふれるチビッコである。で、この映画が、更に素晴らしいのはこの二人の主人公は成長していくに連れて、こういう映画は二度と撮れないんだろうなってところ。その切なさと懐かしさがとても愛くるしくていいのだと思う。

 両者とも父親が不在で家族関係が円満というわけでは決してなく、ただ彼らは10歳程度の子供だからその不満をなんとかするような手段も思考も言語も持ち得ていないし、偶然手元に8ミリビデオカメラがあったって理由だけで、映画を撮る事でその鬱憤をぶつけている。
 つまり彼らに重要なのは「映画作品」という目的ではなく、不満をぶつけていく「映画撮影」という行為なのではないかと。
 で、観客は、その思いのたけを子供らしい手法(万引き、爆竹、手に書いたカチンコ)で無意識ながらも散々ぶつけた撮影シーンを見たあと、その素材を使った数分の短編『ランボーの息子』を最後に鑑賞する。
 アラーキーが言っていたけど「お母さんが赤ん坊を撮った写真には決して勝てない」と、何故ならばその写真には計り知れない愛情が詰まっているから。
 本作のラストで流れる短編『ランボーの息子』は、そのようにハチャメチャな一方で彼らのメッセージが無造作にぶちこまれているために、あんなにいとおしくキラキラ輝いている。

 彼らがそうやって映画を撮れるのは一度限り、彼らの二作目は例えあったにせよああは輝いていないだろう。そういう「処女作」(というにはあまりに稚拙でデタラメな作品だが)の持つ魅力とマジックがきちんと描けているのが素晴らしいと思いました。そしてその初々しさが切なくて愛おしくなりました。


 あと良かった点として、冒頭二人が出会って映画を撮るにいたるまでのテンポの良さがとても素晴らしい。宗教、「校長の拷問」、荷台つき自転車、腕時計、アーチェリーなどが伏線として上手く効果をあげている。
 最初はちょっとハナについてた映像のギミックが効いた可愛らしさが中盤とても好きになりました。上級生たちの娯楽室の80年代風ちょいダサダンスとか最高でした。さすが『銀河ヒッチハイク・ガイド』の監督。
 あと主役二人がカワイイ。リー役のウィル・ポールターくんは次回『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』の主役の一人ですよ。

 ダメな映画について書くのは簡単だけどいい映画について書くのは難しいですね。まるで自分のしてきたことの意味を与えられたようで、映画を作っていて良かった、映画を好きでいつづけて良かったと思いました。

 評価はね、もう完全にアイドル尽きてきたよ…小林涼子レベル。

 次回は『牙狼〈GARO〉~RED REQUIEM~』の感想だがおーっ!


ランボー [Blu-ray]ランボー [Blu-ray]
(2009/02/04)
シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ 他

商品詳細を見る

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]
(2010/12/22)
サム・ロックウェル、モス・デフ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/11/21(日) 02:25:20|
  2. 映画ラ行
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0
<<『牙狼〈GARO〉~RED REQUIEM~』は良い「特撮」ではあるよ。 | ホーム | 『スプリング・フィーバー』は愛をひたすらむさぼるよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/175-35ac92f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リトル・ランボーズ

10月20日(水)@九段会館。 開映は若干遅い19時。 この30分の時間差は大きい。 一般サラリーマンが18時半の試写会に参加するのは通常の場合厳しい。 最近はわたくしですら、もうちょっと遅くしてくれないかなあと思う。(笑) 最初から、マスである男性サ...
  1. 2010/11/21(日) 07:09:15 |
  2. あーうぃ だにぇっと

リトル・ランボーズ

Son of Rambowアクション映画「ランボー」に魅せられた少年たちの友情と成長の物語は、ハートウォーミングなストーリー。ラストのシークエンスが雑なのがちょっと惜しい。80年代のイギリス。11歳の少年ウィルは、宗教の厳しい戒律に縛られ、あらゆる娯楽を禁じられた生活?...
  1. 2010/11/21(日) 23:25:00 |
  2. 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

リトル・ランボーズ

「銀河ヒッチハイク・ガイド」のガース・ジェニングス監督が、自らの 少年時代の体験をモチーフに、対照的な2人の少年の出会いと成長を描く 感動ドラマ。シルヴェスター・スタローン主演の「ランボー」が大ヒット していた1982年のイギリスを舞台に、厳格な家庭で子供ら…
  1. 2011/04/11(月) 00:34:21 |
  2. だらだら無気力ブログ

『リトル・ランボーズ』『100歳の少年と12通の手紙』を早稲田松竹で観て、感想をライトに抑えるふじき☆☆☆,☆☆

早稲田松竹こども主役映画2本立て。 いやあ、この劇場、使わない癖に舞台が立派だ。 最新鋭のテクノロジーが凝縮されてる類の映画館ではないけど、 外の光が上映中の場内に届 ...
  1. 2011/05/07(土) 22:55:11 |
  2. ふじき78の死屍累々映画日記

リトル・ランボーズ

リトル・ランボーズ’07:イギリス+フランス◆原題:SON OF RAMBOW◆監督:ガース・ジェニングス「銀河ヒッチハイク・ガイド」◆出演:ビル・ミルナー、ウィル・ポールター、ジェシカ・ス ...
  1. 2011/05/19(木) 09:47:57 |
  2. C'est joli~ここちいい毎日を~

リトル・ランボーズ (Son of Rambow)

監督 ガース・ジェニングス 主演 ビル・ミルナー 2007年 フランス/イギリス/ドイツ映画 94分 ドラマ 採点★★★★ 子供の頃、『キングコング』でその面白さを知り『ランボー』にハマっちゃったことで、その後映画浸りの人生を送ることになっちゃった私。出会いっ…
  1. 2011/06/04(土) 16:13:14 |
  2. Subterranean サブタレイニアン

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。