かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「週刊少年ジャンプ」2010年12号の一言感想

ジャンプ3 『インビクタス』の感想の前に今週は「週刊少年ジャンプ」の感想です。
 わあ映画の感想がどんどんたまっていく。現在4本たまっています。今月あと2本見る予定だから…やっぱりあれもこれも感想書くのはきついなー。

 そんなわけで今週のジャンプですが『BLEACH』はお休みでした。

 以下ネタバレの嵐なので未見の方はお気をつけてください。


『LOCK ON!』(巻頭カラー/新連載)
 今週から新連載。カメラマン高校生のコメディ。良くも悪くも読みやすいなーってのが印象。かわいいアイドルやモデルを写すって設定なら『To LOVEる』や『あねどきっ』が無い今、エロコメ路線を狙っていけばいいのに。画力的に難しいのかな?
 あとジャンプキャラはそこら辺歩くととにかく頻繁に不良にからまれますね。どんだけ治安悪いんだ。

『ONEPIECE』
 おおおお、黒ひげかっこいい!!海賊っぽい!!『宝島』っぽい!!連載初期はルフィがこういう海賊一味に入ってお宝めざして大冒険する物語なんじゃないかなと思っていました。新しい奴らは囚人服着ているしインペルダウンの最下層にいたやつらでしょうか?
 って来週また休みかよおおおお!!

『NARUTO』
 サクラにメガネっ娘を殺せって命じて、二人一緒に始末しようとするサスケの外道ぷりっが好印象です。もっと堕ちろ!!堕ちるんだー!!!

『べるぜバブ』
 新キャラ登場。夏休みデビューのヤンキー高校生。新しい仲間ですかね?
 キャラクターの描き分け、もうちょっと頑張って欲しいな。

『ぬらりひょんの孫』(センターカラー)
 土蜘蛛、デザインや雰囲気はかっこいいのに暴れ方が足りないなー。一枚絵はけっこううまいんだけどアクション描くの苦手なのかな、この人。あとぬら君の最後のセリフが書き文字になっていて読めない、『キン肉マン』の「屁のつっぱりはいらんですよ」みたいなもんか。なんだかよくわからないけれどすごそうだ、みたいな。あぁ、ぬら君のこのセリフもよく見たら「屁のつっぱりはいらんですよ」って叫んでいるように読める。

『家庭教師ヒットマン REBORN!』
 相変わらずセリフの下手さで間が悪い気がします。とにかく設定をなんでもかんでもセリフで説明しすぎなんだよね。それもこれも設定が複雑すぎるのがひとつの問題。ストーリーテリングのテクニックがよほどない限り、設定はシンプルな方がいいですね。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』
 ハイテク小学生ならとにかくハイテクに、田舎ならとにかく人外魔境に描くっていう、極端に大袈裟にするってギャグは初期のこち亀と変わらないんだけど、その描き方がきちんとブラックジョークになっているか、ただ楽しげなだけかが昔と今の違いだと思います。もちろん、最近の『こち亀』は後者。ハイテク小学生プラスのませっぷりを紹介する話は何度目だ?

『黒子のバスケ』(センターカラー)
 今週のヒロインの料理が下手ってエピソード、喜ぶ人いるのだろうか?
 もう80年代から延々とぬるいギャグパートで描かれ続けているように思います。不思議ちゃんキャラだけはそのゲテモノ料理を美味しくいただくってパターンももう描きつくされただろう。なぜまだやろうとする!?

『SKET DANCE』
 ヒメコがいつも舐めている飴のCMに出るって話。ヒメコ、あの変な首輪つけたままCM撮影大丈夫なんだ。
 絵がとても上手いから絵だけで笑わせるのが非常にうまいと思います。緊張しながら歌うボッスンとヒメコとか、天狗のお面とか、それらの集大成のオチで今週はとても笑えました。

『トリコ』
 今週名前が判明した鉄平はいいキャラしてますね。最初は妙なマスクをかぶって登場して、悪役かと思ってたのに、マスクの下はこんなキャラだとか、そこら辺の演出がお上手。

『銀魂』
 今週からまた新シリーズ。ネオ歌舞伎町の渡世の話だそうな。また長くなりそうだなー。黒駒勝男ってキャラ前に出てきたキャラだっけ? 孔雀姫華蛇ってのも。覚えてない…。かわいい女の子スポットが乾物屋ってのが面白かったです。新キャラ、神楽とキャラかぶってね?

『いぬまるだしっ』
 今週は新機軸、3色カラーにて、赤いセロファンで赤い印刷部分をかくして受験参考書のように読みましょうって特別編。作中でも語られているけれど、もう企画の時点でグダグダすぎて失敗でしかなくて笑えました。あとたまこ先生の処女っぽさがたまに可愛く思えるときがあります。

『HUNTER×HUNTER』
 ネテロ会長でさえ歯がたたないのに一体誰が王に勝てるというのだろうか。フリーザとか魔人ブウより絶望的な闘争じゃないか? まったく先が読めない。ていうか富樫先生ちゃんと終着点定めて描いてるの? 王の持つ君子的な側面から垣間見える狂気がとても不安定な印象を与えて恐ろしくてシビれる。そして王のセリフがいちいち気取っていてイカす。

『賢い犬リリエンタール』
 かろうじて打ち切りサバイバルレースに生き残った様子。この葺原先生、たまに好きな絵を書きます。妙なマシンに乗って夕方の街の上を飛んでる絵がノスタルジーがあるジュブナイルって感じでお気に入り。
 あと今週、アオリ文が変なんですけど…「そんなに見据えられたら思わず瞳そらしちゃうぜ!!特に左の美女のキミ!!」って。毎週こうなの?

『バクマン。』
 また連載順が後ろの方に来た。静河先生がついに動きだすか。静河先生の担当編集(山久だっけ?)が策士でなんか好きになってきた。『ナウシカ』のクロトワみたいな。いいキャラになってきた。
 劇中でこんな大活躍させてもらって実際の「ジャンプ」編集者の服部さんはどう思っているんだろう?

『保健室の死神』
 今週はマラソン大会で病魔の力を借りてズルをしようってお話。毎回毎回悪役に魅力がないって言っているけれど今回は悪役にキャラがちゃんとあって展開もあって楽しかったです。あとはハデス先生と描魔のワクワクする戦いがあればけっこう面白くなると思うのですが…。

『PSYREN -サイレン-』
 雨宮さんはアゲハへの気持ちをちゃんと認識はしてるのですね。前回あんなカッコよく遊坂を「殺した」はずなのにちゃんととどめをさせてなかったのか…それどうなんだ? あそこは遊坂の息の根を確実に止めたからいいシーンだったのに、今週生きていたことでそれが台無しになっちゃった…。

『めだかボックス』
 喜ばないからね!絶対喜ばないからね!!悪役が改造人間で仮面ライダー1号の変身ポーズとOPのナレーション叫んで、対する阿久根が「…俺は平成ライダー派だよ、仮面ライダー龍騎が好きなんだ」って言っても、そんなオタクに媚び売るようなセリフ言ったって、決して喜ばないもの。

『新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ』(最終回)
 終ったー。もうちょっと続くと思ってたけれど。あのね最近『すごいよマサルさん』の単行本読み返したんですよ。当時、あんなに面白くてしょうがなかったのに、今読むとそこまでなんですよ。ギャグって進化するんだなーって。あの当時『マサルさん』で新鮮だったギャグの数々が、今やギャグ漫画でない、例えば『BLEACH』や『ハチミツとクローバー』みたいな漫画でも流用されて、もはやギャグとして通じなくなっているんですよ。
 この漫画はそんな使い古された90年代のギャグ漫画の焼き直しの集大成って感じだったかなーって。だからたまに吹き出すこともあるけれど、さっきの料理が殺人的に下手なヒロインのエピソードみたいな、あぁそのパターンかってしか思えないことが多くて。先週僕が笑ったって書いた『ドラゴンボール』のパロディとかも、好きなんですけど、使い古されたギャグではあるし。
 それでも、今週の乱丁・落丁のメタ的なギャグは途中まで騙されてました。「うわ、やぶけたまま印刷されてる!ブログにこのこと書こー」とか思ってました。

『ジャン魂G!』
 ドンマイ関口ってこういう顔してるんだーって。『エレ片』聴いているジャンプ作家多そうだし、この人のこと知っている漫画家、多そうですね。

『ピューと吹く!ジャガー』
 今週は読者からよせられた「ひどい一発ギャグ」の優秀作品(というかかなりひどかったで賞)7つを漫画化するという試み。うわぁひでえ。意味不明とかそういうレベルじゃねえ!!先週のといいなんだかもう、うわぁ、もうすげえ!!!文章化すんのめんどいくらい意味がねえ!!

巻末コメント
 (岸本先生のコメント)最近の超超売れっ子漫画家なのにパソコン持っていないんだ…
 (椎橋先生のコメント)『JUNK』を聴いているなら尾田先生にならって『エレ片』を宣伝するんだ!あ、『雨上がり決死隊のべしゃりプリン』終るそうですね。あんまり真面目に聞いてなかったけれど終るのはちょっと淋しい。後がまは誰だろうか。


 今週はそんな感じ。やっぱり『HUNTER×HUNTER』があると雑誌としてびしっとしまりますね。
 あ、飽きるまで全部の漫画のコメントを書くことにしました。
 
スポンサーサイト

テーマ:週刊少年ジャンプ全般 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/02/24(水) 02:49:24|
  2. 少年ジャンプ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『インビクタス -負けざる者たち-』はそりゃ面白いよ。 | ホーム | 『侍戦隊シンケンジャー』とは結局なんだったのか その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/18-9bde2d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。