かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『キック・アス』を見てスーパーヒーローになろうよ。

wecankickass

 更新が遅れていてごめんなさい。12月は師走って信じていなかったのですが、坊主走りまくりですね。

 さて今回は年末最大の話題作の一つ『キック・アス』の感想です。

 観に行った映画館はシネセゾン渋谷。twitter等で大評判の本作、連日満席らしいですが僕が行った回は夜7時からと混み合う時間のはずなのにそこまででした。半分くらいかな。公開早々に行ったのが良かったのかな?
 客層は会社帰り風の男性の一人客が多めでした。


概要:『ウォンテッド』の原作者マーク・ミラーのアイデアを基に、同名コミックの執筆と同時進行で製作されたハードバイオレンス・アクション・コメディ。監督・脚本は『レイヤー・ケーキ』『スターダスト』のマシュー・ヴォーン。製作にブラッド・ピットが絡んでいたりする。
 アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)。ある日彼は、インターネットで手に入れたコスチュームを身に纏い、勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。しかし、何の能力も持たない彼は最初のパトロールでチンピラにボコボコにされ重傷を負ってしまう。ところが、その治療で背中に金属板を埋め込み、神経の損傷で痛みにも鈍感になったデイヴは無類の打たれ強さを身につけていた。そして、こりずにパトロールを再開したデイヴ。すると、その様子を野次馬が動画サイトにアップしたことからキック・アスの名はたちまち知れ渡り一躍時の人に。だが、そんなキック・アスの活躍ぶりを知った地元マフィアのボス、ダミコ(マーク・ストロング)は最近起きた組織のトラブルを彼の仕業と勘違いし、キック・アスの抹殺へと乗り出す。ところが、実際はキック・アスの影で別のヒーローが暗躍していた。その正体は、ダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)と、彼が手塩に掛け恐るべき殺人マシーンへと鍛え上げた娘“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)だった。やがてキック・アスは、この親子とダミコの血で血を洗う戦いの渦に巻き込まれていくのだが…。
"allcinema online"より抜粋)


 本作がいつまでたってもヒーロー大好きなアダルトチルドレンのドリーム・カム・トゥルーを示唆する素敵な物語であることについて。

 「何故この世にはスーパーヒーローがいないのだろうか」物語は冒頭からこれを自問自答し続ける。
 例えばバットマン、例えばパニッシャー、アイアンマン、我が国のヒーローでもライダーマンや漫画版のゼブラーマンなんて最高の変身ヒーローがいるが、彼らは武装とコスプレをした強靭な一般人であり、空も飛べなければ、怪力すら持っていない。
 「もし無謀さと無邪気さがあって、かつ羞恥心のベクトルが違う者がいれば、ヒーローがいるはずだろう」と主人公デイヴは考え、自らヒーロー化する。

 しかし現実にはやはり変身ヒーローは存在しない。
 本作は現実に変身ヒーローがいない理由として以下のようなヒントをあげている。

1.まずヒーローには守るべきものがあってはならない。
 守るべきものがあれば、危険なヒーロー活動よりもそちらを優先してしまうからだ。だから本作でもデイヴは彼女ができた途端キックアスを引退しようとした。

2.ヒーローは報復の目をつまなければならない。
 例えば『ゴースト もういちど抱きしめたい』『シュアリー・サムデイ』の登場人物たちのその後はヤクザの報復によって大変なことになっているだろうと思われる。彼らのようにヤクザをおちょくったならば、結果どういうことになるかは『GONIN』に詳しく描かれているのでそちらを参照して頂くとして、悪と戦うということは報復の芽を完全に絶たなければならないのだ。『バットマン』のようにアーカムアサイラム精神病棟や刑務所に送るだけだったり、分かり合おうとしてはならない。本作のビッグ・ダディ&ヒット・ガール親子のごとく完全に息の根を絶たなければ大変な報復が待っている。そしてまたそれ故に守るべきものを持つべきでもない。

3.ヒーローは現代社会に属してはならない。
 社会に属していれば簡単に個人情報がバレて生活は不可能である。
 しかしながら人間として社会に属さない人間はいない。

 以上3点において現実にはヒーローはいない(存在し得ない)のだ。


 そしてもっと絶望的なことに4.「スーパーヒーロー」は「正義」ではいられないのだ。
 ビッグ・ダディとヒット・ガールは本作において最もスパイダーマンやバットマンなどスーパーヒーローに近い戦闘力を持つキャラクターだが、彼らは人間ではない。一切社会性がないのだ。
 人間技ではない戦闘スタイルをとり、敵に対して完膚なきまでに残酷にとことんトドメを刺す。
 11歳の可愛らしい少女が嬉々としてヤクザを殺しまくる姿には爆笑してしまうのだが、彼女の「誕生日には子犬とお人形が欲しいの…うそ!バタフライナイフが欲しい!」と屈託なく冗談を言うセリフに笑いとともに悲しさが少しだけ込み上げる。
 このように彼ら親子は「社会に属していない人間」なのだ。だから我々と価値基準が異なる彼女を可哀想に思ってしまう。
 そして「正義」とはその社会の成立によって生じる概念であるから、社会に属していないということは正義の気持ちなど持ちようがない。彼らはヒーローのコスチュームを着ているが単なる残虐な復讐者なのだ。

 一方で主人公キック・アスは力はないし、守るべきものはたくさんあるし、人を殺せもしない普通のオタク高校生だがそれでいてそれゆえに「正義の心」だけはある。

 このニ者の対比が表すのは「正義」と「スーパーヒーロー」は両立しえないという変身ヒーローものの根底を覆すような矛盾である。

 最終決戦において、キック・アスはヒット・ガールに「社会」を、ヒット・ガールはキック・アスに「力」をそれぞれ提供する。両者が協力することではじめてキック・アスははじめて「正義のスーパーヒーロー」として誕生する。ここまで語られた事で実は不可能なことを知った「ぼくのスーパーヒーロー化」がここにきて対に実現するのだ。これはとてもテンションが上がる。恋愛レースにも参加できず、いい歳こいてヒーローが大好きなぼくでもスーパーヒーローになれるんだ!!って。
 なので、それまでのフラストレーションを爆発させるクライマックスは最高に気持ちがいい。ヤクザの親玉を最後ぶっ飛ばすところとか拍手喝采ものだ。
 デイヴが最後に吐いた、ヒーローとはいかなるものか散々考えさせたあげくのセリフ、「幼児虐待やめろ」は最もシンプルでヒーローらしいセリフだ。


 だが、本作の不満は最後までヒット・ガールの動機が最後まで「復讐」の範囲を越えられなかったことだろうか。それはまだ「私怨」であり「義憤」ではない。そのことで物語の結末における彼女の着地点が不明瞭になってしまったと思う。例えば人を殺しまくったことによるなんらかの罰を負うとか、そういった結末が与えられたら、彼女の存在に重みがでたのに。

 出来ることならば、正真正銘の「正義」を身につけたキック・アスとヒット・ガールが街を救うことで、『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』のように、もしくは『スパイダーマン2』のように市民に「キックアス!キックアス!!キックアス!!キックアス!!」のコールを受ける展開を期待したが、まあ今作で悪の根が滅びるどころか、『アンブレイカブル』のごとく新たなるビランを産み出してしまったようなので、その期待は次回作に委ねたいと思う。


 ここ20年くらい『バットマン』あたりからリアルなヒーロー像を描こうとするならば、ヒーローの「こいつら実は頭おかしいんじゃないか?」ってな感じをギャグにしないために、とことんシリアスに演出していくのがブームでしたが、逆にその頭のおかしなヒーローたちの姿をとことんギャグで演出することでまた一つのリアルなヒーロー像を作り上げていると思います。

 以上、本作は「ぼくでもヒーローになれるかも」という男の子共通の思いや願いを、実現させてくれる展開は問答無用で熱くなりますね。変身スーツ着てみたり自作の武器試してみたり。

 あとはまあヒットガールがすげえ良かったとか。去年の『チョコレート・ファイター』を超えるカッコヨさ。前回の『トロン:レガシー』の感想で「今年の主演女優賞云々は…」とか書いたけど断然彼女で決定です。可動フィギュア出そうだなー欲しいなー。
 ニコラス・ケイジのオジキも彼のキャリアの中でも最高クオリティの楽しさを放っておりました。

 あとBGMの選曲がとてもいいです。サントラ必須。MIKAの主題歌がかっこいい。

 まあヒットガールの大活躍だけで価値はある映画です。笑えるし、熱くなるし、テンション上がるし、ちょっと考えさせられるし。とても楽しい映画でした。アメコミ好きはもちろん、アメコミ映画や日本の特撮ヒーローが好きな人ならとても楽しめる映画だと思います。というか『バットマン』の映画程度ではあるけれど、ある程度アメコミの知識は必要かな。
 『ダークナイト』や『ウォッチメン』とか、さすがヒーロー大国アメリカ、ヒーローを語る尺度がいろいろあって頼もしいですね。

 松井珠理奈レベル。

 次回は『シュレック』シリーズもついに終了『シュレック フォーエバー』の感想です。

ゼブラーマン 1 (ビッグコミックス)ゼブラーマン 1 (ビッグコミックス)
(2004/02/28)
宮藤 官九郎

商品詳細を見る

GONIN [DVD]GONIN [DVD]
(2007/03/28)
佐藤浩市、本木雅弘 他

商品詳細を見る

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ コレクターズパック【DVD】仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ コレクターズパック【DVD】
(2011/01/21)
桐山漣、菅田将暉 他

商品詳細を見る

アンブレイカブル [DVD]アンブレイカブル [DVD]
(2007/06/20)
ブルース・ウィリス、サミュエル・L・ジャクソン 他

商品詳細を見る

キック・アス (ShoPro Books)キック・アス (ShoPro Books)
(2010/11/19)
マーク・ミラー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/12/28(火) 12:33:19|
  2. 映画カ行
  3. | トラックバック:10
  4. | コメント:2
<<『シュレック フォーエバー』はシリーズを「汚く」まとめたよ。 | ホーム | 『トロン:レガシー』をそんなにいじめないでほしいよ。>>

コメント

そうかあ

こんちは。納得したあ。

更に妄想。

> キック・アスはヒット・ガールに「社会」を、
> ヒット・ガールはキック・アスに「力」をそれぞれ提供する。

この二つの規範で思い出すのが「正義」の心と「力」で国際政治に加入するアメリカ。
そもそも「正義」を「力」もって行使する事は悪い事ではない。
それでは、何がアメリカの行動をみんなが嫌がるような物に変えてしまうのか?
それは莫大な富の力。その力は自らの富を増やす為だけに費やされる。
これがレッド・ミスト。
正しく機能する筈の「正義」と「力」のコラボも「富」の介入によって、
すぐにでも迷走方向に進んでしまうという事実を表わしているようだ。


  1. 2011/01/10(月) 03:13:25 |
  2. URL |
  3. ふじき78 #rOBHfPzg
  4. [ 編集 ]

 ふじき78さま

 こんにちは。
 確かに、その考察は的を得ていますね。経済力が加わることでよりバットマンやアイアンマンみたいなヒーローへとなるかと思いきや、レッドミストはヒーローでもサイドキックでもなくヴィランへとなってしまった。
 そういう「経済」などに対するシビアな立ち位置がこの映画を、単なるお祭り感覚のパロディ映画にとどめていないところなのでしょうね。
  1. 2011/01/11(火) 11:14:47 |
  2. URL |
  3. かろプッチ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/192-49a8a771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キック・アス

ハート・ウォーミング・バイオレンス 公式サイト。Kick-Ass。マシュー・ヴォーン監督、アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、クリストファー・ミンツ=プラッセ、ニコ ...
  1. 2010/12/28(火) 12:40:21 |
  2. 佐藤秀の徒然幻視録

キック・アス / Kick-Ass

ランキングクリックしてね
  1. 2010/12/28(火) 14:19:10 |
  2. 我想一個人映画美的女人blog

キック・アス

ヒーローに憧れる何の特殊能力もないオタク高校生がある日成り切りヒーロー、キック・アスとして立ち上がる。主演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソン。共演に『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ。監?...
  1. 2010/12/28(火) 16:15:35 |
  2. LOVE Cinemas 調布

映画:キック・アス kick-ass これは....今年2010年、最高のコメディー!

直近の映画系エントリーをこう締めた。 <あと一ヶ月あるから、そこで毎年凄い映画に出くわしたりするので、違う展開もありうる そう年末12月になって、毎年なんか凄い映画に出くわす。 そして、まさか今日それが来たとは!! しかもそれはコ...
  1. 2010/12/28(火) 18:53:33 |
  2. 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~

『キックアス』をシネセゾン渋谷で観て殺戮に興奮さめやらぬ男ふじき☆☆☆☆☆(ネタバレ気味)

五つ星評価で【☆☆☆☆☆映画内での殺戮は全て美徳とする】    いやいやいやいや、面白いじゃん。 レビューなんて無力だよ。 この「面白いじゃん」の一言で済んじゃうんだか ...
  1. 2011/01/11(火) 13:05:18 |
  2. ふじき78の死屍累々映画日記

映画 ■■キック・アス■■

これは面白かった! 私が大嫌いな、バイオレントな映画でしたが 「どうだった?」 と、聞かれたら 「面白かった」と答えるしかない映画でした。
  1. 2011/02/20(日) 23:12:11 |
  2. Playing the Piano is ME.

キック・アス (Kick-Ass)

監督 マシュー・ヴォーン 主演 アーロン・ジョンソン 2010年 イギリス/アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★ とどのつまり殺人者であるヒーローを、どんな世界に置くかってのも作り手の悩みどころなんでしょうねぇ。たとえば、幸楽の出前に出ていた眞がゲル…
  1. 2011/03/05(土) 15:50:05 |
  2. Subterranean サブタレイニアン

映画「キック・アス」立ち上がらなければヒーローにはなれない

「キック・アス」★★★☆DVD鑑賞 アーロン・ジョンソン、クロエ・グレース・モレッツ、 クリストファー・ミンツ=プラッセ、 ニコラス・ケイジ出演 マシュー・ヴォーン 監督、 117分 、2010年12月18日, 2010,アメリカ、イギリス,カルチュア・パブリッシャーズ (原作...
  1. 2011/06/28(火) 00:10:08 |
  2. soramove

『キック・アス』'10・英・米

あらすじ平凡な高校生デイヴは、インターネットで買ったスーツとマスクでヒーロー“キック・アス”として活動を開始するが・・・。解説放送映画批評家協会賞若手俳優賞アクション映...
  1. 2012/02/17(金) 20:29:33 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...

『キック・アス』'10・英・米

あらすじ平凡な高校生デイヴは、インターネットで買ったスーツとマスクでヒーロー“キ
  1. 2012/02/17(金) 20:30:53 |
  2. 虎団Jr. 虎ックバック専用機

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。