かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『君を想って海をゆく』は人によっては短編映画だよ。

君を想って

 今回は『君を想って海をゆく』の感想です。

 観に行った映画館はヒューマントラストシネマ有楽町。相変わらず有楽町は団塊世代の街なのでしょうか、ここらの映画館は相変わらず初老の方が多め。夫婦で来ている人が多かった気がします。
 

概要:監督・脚本は『パリ空港の人々』『灯台守の恋』のフィリップ・リオレ。音楽はニコラ・ピオヴァーニ。
 2008年12月、フランス北端の街カレ。イラクの国籍を持つ17歳のクルド難民ビラル(フィラ・エヴェルディ)は、家族と共にロンドンに移住した恋人を追って、イラクから4000キロの距離を歩いてやって来た。しかし、ドーバー海峡を越えるべく密航を試みるも失敗に終わり、カレに足止めとなってしまう。もはやビラルに残された手段は、海峡を泳いで渡る以外にはなかった。そして、市民プールで子どもや老人相手に指導をしているフランス人シモン(ヴァンサン・ランドン)にコーチを懇願する。最愛の妻マリオン(オドレイ・ダナ)と離婚調停中のシモンは、難民支援のボランティアをする妻に認めてもらえるのではとの思いから、コーチを引き受けることにするのだが…。
("allcinema online"より抜粋)


 人と人がコミュニケーションをとるとき「距離感」が大事とか言われたりする。「KY」なんて言葉が流行る昨今、そこらへんを気にしている人はかなり多いであろう。
 無愛想すぎたり慣れ慣れしすぎたりするとうまいコミュニケーションはとれない。しかしながらそのような距離の感覚などもちろん人によって様々である。それはそのまんまの意味の物理的な「距離」にも通じる。モンゴルの遊牧民は20~30kmくらいは「ちょっとそこまで」ってコンビニ感覚なんだとか。

 『君を想って海をゆく』はそのような、物理的な意味と、人と人との間という意味の「距離」の問題を描いた映画ではないかと感じた。


 物語の主人公は、はイギリスに移民した恋人ミナ(デリヤ・エヴェルディ)に会うためならイラクからフランスまでの4000kmの徒歩での行程のあと、自力で泳いでドーバー海峡を渡りイギリスへ渡ろうとする難民のクルド人青年ビラルと、彼に水泳を教える妻と別居中の元水泳選手の中年男性シモンだ。シモンは、他者と一定の「距離」を常に保ち、目の前で人種差別が行われていても見て見ぬフリをするし、最愛の妻が自分のもとを去っていこうとしていても、平気な顔をしている。
 映画の色調はそんな彼らの孤独を表現するかのようにうすら寒い。

 ビラルはマンチェスターユナイテッドのメンバーになりたいという計り知れない夢をあっさりと語る。彼にとってイギリスやマンチェスターユナイテッドまでの「距離」は、恋人への気持ちを思えば些細な「距離」と思っているかのように見える。

 そんなシモンがひょんなことからビラルと親好を深めることで、何事にも「距離」を感じない彼に感化され、次第に暖かい人の温もりを素直に求めるようになっていく。
 人と食事をする楽しみを知り、孤独を嘆くことが出来た彼は、少しづつ心の壁を崩していく。


 しかしながら、ビラルがどんなに短く感じようとも、現実にあるドーバー海峡の長大な距離は変わるはずもない。あまりに巨大な大海の中にポツンと泳ぐ惨めな人間の姿に僕はポカンと口を開けてしまった。

 ビラルが様々な「距離」を短く感じていた理由は、彼が「距離」を考えなかったのではなく、帰る場所を失ったゆえに、「距離」など考えず行動せざるを得なかったから、「距離」など感じられなかったからなのではないだろうか。言い換えれば「スタート地点」を喪失した彼にとって、「対象までの距離」といった感覚は、「スタート地点」があるものとは違うのだ。

 シモンがもっとはやく心の壁を取り払い、本作の原題である"Welcome"を素直に言えるようになれたのであれば、もしくはもっとはやくビラルを「息子」のように扱ってあげれたならば、ビラルも帰る場所を得て、「一般的な距離感」を感じれたのかもしれない。

 物語はイギリスに渡ったシモンが妻のマリオンに電話越しで語る「すぐに帰るよ」という言葉で終わる。帰る家や国がきちんとあり、その文化に適した「正常な距離感」を感じられることに、物語序盤のような画面の孤独な冷たさはなく、シモンがビラル達に提供したような、暖かいピザとコーヒーのような暖かい色調のぬくもりを感じた。


 以上、本作は人と人との距離や、物理的な距離の相違を描くことで、現代の移民問題や、また現代人が抱えるコミュニケーション問題について描いているように感じた。


 他に良かった点として終盤のシモンと妻マリオンとのセックスシーンが生々しくエロくて良かったです。「ダメよ、ダメよ」と言いながら身体が抑えきれない感じとか、奥さんの腰の入れ方とか。その生々しさも中年男性が心の壁を取り払ったゆえか。

 不満点は邦題のセンスがいまいちなところ。ラブストーリー要素ってそこまでないんだけれど、そういう要素ウリにしないとウケないってのはあるんだろうけれどさ、『マリリンに逢いたい』じゃあないんだから。

 あとビラルの精神的な成長の描写があまり無かったところとか。

 あとまったく関係ないけれどシモンとビラルって『天元突破グレンラガン』ですね。

 とても面白いし感慨深い映画ではありましたが、予告編で流れているような感涙もなければ恋愛要素も希薄です。そういう不誠実な宣伝っていい加減やめた方がいいと思うんだけれどな。

 谷澤恵里香レベル

 次回は『アンストッパブル』の感想を書きます。列車、列車、しゅっぽ、しゅっぽ、しゅっぽしゅっぽ、しゅっぽっぽー♪ぼーくらを乗せてーしゅっぽ、しゅっぽ、しゅっぽっぽー♪
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/01/17(月) 00:28:29|
  2. 映画カ行
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:0
<<『アンストッパブル』とかじゃなくバーガーキングがサイコーだよ。 | ホーム | 『海炭市叙景』は冷暖房設置済みだよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/203-98ad556a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

君を想って海をゆく

イギリスにいる恋人に会うためにイラクから4000キロを歩いてフランスにたどり着き、更にドーバー海峡を泳いで渡ろうとするクルド人難民の青年と、偶然に彼をコーチすることになった中年男の交流を描いたヒューマンドラマ。主演は『すべて彼女のために』のヴァンサン・...
  1. 2011/01/17(月) 02:19:38 |
  2. LOVE Cinemas 調布

『君を想って海をゆく』(2009)/フランス

原題:WELCOME監督:フィリップ・リオレ出演:ヴァンサン・ランドン、フィラ・エヴェルディ、オドレイ・ダナ、パトリック・リガルド、ティエリー・ゴダール鑑賞劇場 : ヒューマン...
  1. 2011/01/17(月) 07:39:39 |
  2. NiceOne!!

国境の高い波~『君を想って海をゆく』

 WELCOME  17歳のクルド難民ビラル(フィラ・エヴェルディ)は、ドーバー海峡を望むフラ ンス最北端の街・カレに徒歩で辿り着く。密航に失敗した彼は、恋人の待つロン ドンへ泳いで行こうと、...
  1. 2011/02/12(土) 17:04:49 |
  2. 真紅のthinkingdays

『君を想って海をゆく』

愛のために泳ぎゆけば、国の不寛容さえ越えられる。 信じて疑わなかった倫敦までの距離に、 いちるの望みと一途な信念とが夢の架け橋を繋いでゆく。 国の思惑に追随しない、人としての思いやりをなぞって。 『君を想って海をゆく』 WELCOME 2009年/フランス...
  1. 2011/03/02(水) 21:51:58 |
  2. シネマな時間に考察を。

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。