かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』は「クソ」な応援ソングだよ。

かまってちゃん

 更新しなかったのは単純にネタがなかったからです。
 今回は『劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ』の感想でございます。

 観に行った映画館はポレポレ東中野。リピーターキャンペーンを上手く利用して1000円で見れました。客層はほぼ若者だらけ。20人もいませんでした。男女ともにいたけれど、皆さんかまってちゃんファンなのかな、部活帰りの高校生とかギャルっぽい女の子とかこの映画館っぽくないお客さんも。


概要:監督・脚本は『SR サイタマノラッパー』の入江悠。
 “神聖かまってちゃん”の大規模なライブまであと1週間。プロ棋士を目指す女子高生の美知子(二階堂ふみ)。彼氏に神聖かまってちゃんのライブに誘われるが、その日は大事なアマ王座決定戦の決勝が控えていた。昼は清掃業、夜はショーパブダンサーとして働き詰めのシングルマザー、かおり(森下くるみ)。ある日、神聖かまってちゃんに夢中の息子が保育園で問題を起こし、呼び出しをくらう。神聖かまってちゃんのマネージャー、ツルギ(劔樹人)。メジャーデビューに浮かれる間もなく、新しい上司から不条理な難題を押しつけられてしまい…。
"allcinema online"より抜粋)


 最近はカラオケに行くと忘れなければ神聖かまってちゃんの「ロックンロールは鳴り止まないっ」を歌うことにしているのだけれど、たいてい引かれてしまうか、知らないか。もしくはまれに大盛り上がり。
 ビートルズやピストルズの時代にカラオケがあったとしても恐らくはこんな反応だったのではないだろうか。ロックスターというのは常に嫌われて引かれて一部にしかウケてないような存在であることが望ましいと僕は思う。

 ただ、ロックのスタイルは変化を続ける。当時は不良の代名詞だったビートルズやプレスリーが中学校の音楽の教科書に載ってしまうように、神聖かまってちゃんもこの2010年代だからこそ存在し得るロックスターである。
 2010年代のニコニコ動画のロックスター神聖かまってちゃんはその名の通り"かまってほしいバンド"である。

 本作でボーカルの"の子"が理由もなく引きこもり散々騒がせた上で最後の最後に何の理由もなくひょっこりライブにやってきたように、また実際にネット世界を騒がせているように、様々な奇行の挙げ句、意外に素直ないい子の面を見せる、ただかまって欲しい素直じゃないバンドなんだと思う。
 そしてそんな性格だから世間に引かれて嫌われて疎まれて…一部の日影の物好きには共感され熱狂的に好かれる


 本作でも「応援ソングなんてクソでしょ」なんて言いながら、プロの棋士を目指したいが親の許しを得られない女子高生美知子や、ストリッパーと清掃のアルバイトをやりながら幼稚園に通う息子を女手一つで育てる30歳女性かおり(演じるは元AV女優の森下くるみだ!)、神聖かまってちゃんに彼ららしい独自の路線を歩んでほしいと思い社の方針に歯向かうマネージャーツルギなどなど、"ロックな日陰ものたち"を遠まわしに応援する。もちろん「応援した?」と聴かれたら「してるはずない」と答えるだろうし、応援される日陰のロックンローラーたちはマネージャーをのぞきクライマックスであるライブには参加しない。そもそも美知子もかおりも彼らのファンでもない。
 しかし遠くで聴こえる彼らの歌が、ひっそりと日陰ものたちの心に世間に立ち向かう勇気を与える。

 神聖かまってちゃんは、もはやカミサマのような存在になっているビートルズやピストルズに対して「何がいいんだかぜんぜんわかりません」なんて言っちゃう「かまってほしいロックンロール」を歌い、嫌われ疎まれ奇行を繰り返す。そもそも彼らの主な活躍の場はニコニコ動画、いまだに世間に疎まれている2ちゃんねるの親戚のような動画サイトだ。しかしそこにしか居場所がない者だっている。彼らはニコニコ生放送で歌い続けながら、遠まわしに、日陰に立ってもどんなに嫌われても歌う姿を見せつけることで、彼ら日陰者を「応援」する。
 それが神聖かまってちゃんのロックンロールなのだ。本作はそれを描いていたと思う。



 ただ大きな不満点が一つあります。
 前述の通り、このバンドにはどんなにビッグになっても日陰でギャーギャー無駄に騒いで21世紀のニコニコ動画のロックスターとして君臨してほしいところであり、嫌われ者であるところにその存在意義を感じるのだが、本作で彼らが嫌われるシーンがあまりない。例えば美知子の友達が「あたしあんまりこの人たち好きじゃない」とは言うけれど、彼女もライブ会場で熱狂しているし、本筋にはあまり関係ない幼稚園の保育士たちもニコニコ生放送の彼らのライブ中継に夢中になっている。幼稚園児たちまでがパソコンを持ち合って大騒ぎするのもどうかと。かまってちゃんがそこまで好かれては彼らの存在意義どころか、映画の主題にすら揺らぎをかけてしまう。
 例えばここまで「好かれる」神聖かまってちゃんを描くのであれば最後の最後に、登場人物や観客ドン引きさせるようなムチャクチャをやらかして終わって欲しかったけれど、最後までかっこいい人気ロックバンドであり、あれだったら別に神聖かまってちゃんではなくてB'zでもなんでも最低限物語は成立してしまうのが残念。
 そして入江監督は『SR サイタマノラッパー』で、認められないどころか、何者になれないし才能もなければ好かれもしない日陰ものたちの苦悩をきちんと描けていたはず。


 まあ不満は連ねましたが、今最も話題のバンド神聖かまってちゃんを映像に残すというだけでその意義はあるとは思うのでそこは評価しておきたいところ。


 あと引きこもりのお兄ちゃんはまだしも、娘が棋士になるのを反対していたお父さんは、美知子からも神聖かまってちゃんからもほとんどアクションをかけられていないはずなのに、何故最後に彼女を許す素振りを見せてるの?とか、そういう不満。
 あと二階堂ふみさんは大変カワイコちゃんでした。


 以上。ファンなら見に行くべきだし、いまこの瞬間に神聖かまってちゃんとそれを取り巻くファンをカメラに抑える重要性を考えるとそこはしっかりとしていたと思います。

 川島海荷レベル。

 次回はジャック・ブラックの期待のビッグバジェットコメディ『ガリバー旅行記』の感想です。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/19(火) 00:38:37|
  2. 映画カ行
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:2
<<『ガリバー旅行記』を見て自信回復だよ。 | ホーム | 『ビー・デビル』を見て郷に従いましょうよ。>>

コメント

かまってちゃんとは

へー。

私はこの映画が人生初「かまってちゃん」です。
確かに、異形部分を合わせ持ってて「え? こんな歌なの」な部分を感じました。

でも、二階堂ふみで全部OKです。

案外、とってもかっこ悪いプロモーション展開を推奨する堀部圭亮が時代から取り残された分、一番ロックっぽかったりするのかもしれない(そうでないかもしれない:確信が持ち切れず)。
  1. 2011/05/22(日) 04:29:04 |
  2. URL |
  3. ふじき78 #rOBHfPzg
  4. [ 編集 ]

Re: かまってちゃんとは

> ふじきさま

 二階堂ふみさんはかなり逸材ですよね。
 インタビュー読んでいても、なんだかヘンテコ。16歳の女の子が『動くな、死ね、蘇れ』をフェイバリットムービーと言う。
 彼女が出演していたTVドラマ『熱海の捜査官』も良かったです。
  1. 2011/05/23(月) 07:37:37 |
  2. URL |
  3. かろプッチ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/257-c707af0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』の正体

 【ネタバレ注意】  音楽を映画にするのは難しい。  それらはまったく違うものなのだから、互換性がないのは当たり前だ。  けれども、バンドを取り上げた映画は多い。  バンドを題材にすれば、仲...
  1. 2011/05/06(金) 11:56:38 |
  2. 映画のブログ

『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』を観てふみだよふみふじき☆☆☆☆

二階堂ふみ 以上。 【銭】 キネカ大森3回使える名画座専用3000円の回数券の3回目。 ▼作品詳細などはこちらでいいかな ・劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロー ...
  1. 2011/05/22(日) 04:33:55 |
  2. ふじき78の死屍累々映画日記

神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ(2011-022)

神聖かまってちゃんとは http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E8%81%96%E3%81%8B%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93 を参照。 このバンドを題材にした映画。 自分このバンドのこ...
  1. 2011/05/24(火) 03:02:22 |
  2. 単館系

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。