かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』はナイスな面構えだよ。

ナイン

 運動不足が激しくて、ジョギングを始めてから1ヶ月ほど経ちました。ある程度ゆっくり走れば、けっこう走り続けられるもので、1時間くらい走っています。運動すればストレスも発散されるのか、あまり間食もしなくなり、少しは身体が締まって来たのかな。
 で、そもそも運動大嫌いで運動音痴の僕ですが、ちょっと体力に自信がついて来たので、身体を鍛えるために、もっと色んなスポーツを楽しみたいなと。あぁでも集団競技はだめです。ワガママだから。
 てなわけで中学生の頃やっていた剣道か、水泳かなんて思っていたのですが、ふと近所にクライミングのジムがあることを発見。木登り好きだったし、お値段もお手頃だし、これ、割といいんじゃないかなって。
 で、そう思いながら別にやってないんですけれどね、ただここに書く事なくて、とりあえず書いてみただけなんですけれどね、無理に書く事もないんですけれどね。そんなわけで近々クライミングジムに行ってみたいと思います。


 てなわけで、今回は『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』の感想。
 このブログでも扱った『NINE』『第9地区』など「9」にまつわる映画がやたら多いので、それに考慮してかどうも副題がくどいですね。
 観に行った映画館は恵比寿ガーデンシネマ。水曜日で1000円で鑑賞出来る日でしたが、夕方の回で、客数はそこまで。客層も老若男女まばらでしたが、一人客が多めでした。


概要:シェーン・アッカーが監督した2005年のアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた同タイトルの11分のCGアニメーション作品を、ティム・バートン製作のもと80分の長編に。テーマ曲をダニー・エルフマンが手がけている。
 突如、ある研究所にて目覚めた、麻袋で作られた人形"9"(声:イライジャ・ウッド)は、自分が何者か、ここがどこかわからないまま、廃墟となった無人の世界を歩く。彼の前に現れた、似たような姿形をした”2”の人形(声:マーティン・ランドー)は、"9"に仲間がいることをほのめかすが、彼らに突如襲いかかってきた「ビースト」と呼ばれる機械獣によってさらわれてしまう。やがて"9"は厳格なリーダー格の"1"(声:クリストファー・プラマー)、お人好しの"5"(声:ジョン・C・ライリー)、なにやらミステリアスな"6"(声:クリスピン・クローヴァー)、怪力の"8"(声:フレッド・タタショア)と出会い、"1"の反対を聞き入れず、"5"とともに"2"を救出に向かう。そこで、ビーストに殺されたと思われていた強気な女性タイプの人形"6"(声:ジェニファー・コネリー)、言葉を一切発さない瓜二つの研究者"3"および"4"と合流し、かろうじて"2"の救出に成功するが…。



 もう、『コララインとボタンの魔女』同様に、このキャラクターや世界観のデザインの時点で、この映画は成功してるんだと思います。中野のオモチャ屋ではじめてこのキャラクターのフィギュア見た時に悔しくてため息出たもの。
 "1"から"9"まで似たようなデザインのキャラが登場するんだけど、これもそれぞれの性格が『サイボーグ009』ばりに個性的で、例えば"9"は麻袋で、紅一点の"6"は白いツェード生地で出来ていたりと、それらの個性を表す微妙なデザインの差異も絶妙で、ハサミや豆電球などそれぞれ日常品を武器に装備してたりと、とてもオタク心をくすぐってくれます。9種全部出てるならフィギュア買っちゃおうかなーなんて。余談ですが、恵比寿駅と言えば、都内最大級のアメトイショップの「Monster Japan」が恵比寿ガーデンシネマとタッグを組んで、この映画のキャンペーンやっているそうですよ。最近はアメトイの店もめっきり見かけなくなって寂しいですね。
 ただ、9人が超個性的なメンバー構成な故に、全員集合の絵が全編とおして一度も無かったのはすごく残念。映画のタイトルからしてそこは全員集合やるべきでしょ。

 ”ビースト”や”マシン”などクリーチャーのデザインや荒廃した世界のデザインも、シュヴァンクマイエルみたいなシックで不気味な要素というか、スチームパンク風というか、レゴブロックで組み立てた悪夢というべきか、なにやらすげーワクワクさせてくれます。未だに『スポーン』みたいなグランジロック風から脱し切れていない『タイタンの戦い』もちょっと見習って欲しい。

 またそのアクションシーンは、テンポも構図もスピードも具合良くて、そのロケーションとキャラクターたちの個性を上手く利用したちょっと頭を使うようなパズル的なバトルになっていたりと良く計算されていて見ていて飽きません。そこら辺、元となった11分の短編だとすごく上手に表されているので、そちらも是非、何かしらの方法でご覧いただく事をオススメいたします。

 とにかく超個性的でグッドデザインの彼らがスリルいっぱいの活躍をするだけで、とっても楽しい良い映画でございますよ。
 デザインやアクションなど表面上の事しか誉めてないですね。

 以下は不満点ってほどではないけど、本作のドラマ性とか心理描写とかけっこうおざなりなんです。でも『タイタンの戦い』みたいにそこまで不満に思えないのは、人形が主役のアニメーションって装置が、寓話的な雰囲気を醸し出していているからか、むしろ手塚治虫的に言うところの構造主義的な簡略化といった高等なテクニックにすら思えてしまう。映画ってのはあくまで内面ではなく外面で見せるものなのだから、外面をみがけばある程度は内面も比例して磨かれる。そもそもいい映画が必ずしも人間ドラマを描くのがうまくなくちゃならない理由なんてないんですよね。創作は自由なわけなんだから。

 さらに本作の内面性に突っ込むと、物語のテーマは「魂の不滅性からの解放」について描かれていると読める。
 "ビースト"や"マシン"が何故人形たちを襲い魂を奪うのかについて、本作では具体的に語られないが、人のエゴイズムによって作られ暴走した"マシン"たちと、より強度な人のエゴによって、人類が滅亡した後も魂だけ移植されて、廃墟と化したこの世界に生きる事を託された人形たちとが戦いあうというエゴイズムとエゴイズムの物語とも読める。
 とすると、ネタバレのため詳しくは語らないけれど、本作の結末における一連の展開は、人のエゴイズムをやさしく否定してくれる映画とも読める。本作でまず語られるのは「人類が滅んでも、その魂は不滅である」っていうある種の身体論の否定であって、それは希望である一方で我々は肉体が滅んでも永遠に現世に縛られつづけるのかもしれないっていう呪いでもある。エゴイズムの優しい否定は、魂の永遠性の持つ「呪い」の解放にも繋がる。
 そもそも子供も見るアニメーションにしては抽象性の高いこの作品の解説で、具体例を除いて解説すると、地に足がついていない論になっちゃって意味がよくわかりませんね。

 テーマ性とか、11分の短編を110分に引き延ばすためにとってつけたような、蛇足なんじゃないのかなって思ってオリジナルの短編を見てみたら、「魂の解放」っていうテーマは短編にも現れていました。短編の方がシンプルに見せていて、色んな解釈が出来たかな。


 以上、内面はかなり考えてるのか、あまり考えてないのかよくわからないのですが、外面の出来がとにかく面白いので、内面の解釈もポジティブに深遠に捉えることが出来るよっていう、映画の本質は「見た目」であることを再認識させてくれる良い映画でありました。
 森田涼花レベル


 次回はデヴィッド・ボウイの息子が監督した『月に囚われた男』の感想を書くよ。

「9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/05/15(土) 01:24:35|
  2. 映画ナ行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「週刊少年ジャンプ」2010年24号の一言感想 | ホーム | 『17歳の肖像』は女の子向け童貞映画だよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/60-120846a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。