かろうじてインターネット

「少年ジャンプ」と水木しげると映画とおもちゃと特撮を愛します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『座頭市 THE LAST』はこれはこれだよ。

座頭市

 今週の『天装戦隊ゴセイジャー』は、地球大好きエコ大好きゴセイナイトが、「地球の汚染を食い止める!」とか言って地道に近所の工場を壊そうとしていました。前に地球上の緑を死滅させるとか言って近所の林から地道に破壊していた敵もいましたよね。ゴセイジャーって東京都のローカルヒーロー?
 『ゴーオンジャー』みたいに徹底的におバカやるなら別にいいんだけれど、ある程度真面目路線なこの戦隊シリーズにおいて、なぜ東京周辺にしか怪人が来ないのか、ある程度屁理屈のこじつけでもいいから、理由が欲しいところです。
 まぁ幽魔獣のゼイ腐がテレビ局を占拠して『徹子の部屋』をやったり戦隊らしいおバカ話で楽しかったです。


 そんなわけで今回のお題映画は『座頭市 THE LAST』の感想。
 観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。平日の夜でガラガラでした。若いカップルが2組と、中年夫婦が一組、一人客のオバサンが一人だけ。


概要:『座頭市』シリーズの完結編(らしい)。監督は『魂萌え』『闇の子供たち』の阪本順治。製作は悪名高き亀山千広。スタッフもキャストもほぼ全員『座頭市』シリーズは初めて手がける。
 盲目で按摩をやりながら渡世として数々の殺しをしてきた市(香取慎吾)は、タネ(石原さとみ)という女性と愛し合い、ヤクザ稼業から足を洗う覚悟をする。だが、最後と決めた闘いを終えた市の目の前で、タネは、虎治(高岡蒼甫)の不意打ちにより運悪く命を落としてしまう。悲しみと絶望に打ちひしがれる市だったが、タネとの最後の約束を守るため、もう人は斬らないと決意し、故郷の旧友・柳司(反町隆史)のもとで静かな暮らしを送ることに。仕込み杖を置き、柳司の母ミツ(倍賞千恵子)や息子の五郎(加藤清史郎)らと共に百姓として平和な日々を過ごす市。しかし、村は極悪非道な天道(仲代達矢)と彼の一家に支配されており、百姓たちは一味の搾取に苦しみ続けていた。そんな彼らに助けを請われた市は、再び仕込み杖を手に立ち上がるのだが…。
"allcinema online"より一部抜粋)


 この映画を鑑賞しようかと悩んでいる時に、僕もご多分に洩れず、やっぱり慎吾くんが座頭市役ってところがやたら不安で、でも最近はビートたけしや綾瀬はるかも演じていたし、これもアリかなって、まあ偶然タダで見れたんで見たんですけど…。
 結果として、他にも選択肢はあったとは思いますが、慎吾くんでまあ良かったと思うんです。もう色んなところで酷評されまくっているし、確かにベストではないけれど、ベターではあるかと。勝新太郎ファンは嫌かもしれないけれど。

 てなわけで今回の論旨は香取慎吾という役者についてと、『座頭市』のヒーロー性について。

 香取慎吾はやたらキャラクターモノの役に抜擢されることが多い。近藤勇、両津寛吉、忍者ハットリくん、孫悟空、『蘇る金狼』リメイクなんてのもあった。そうじて人間離れしたヒーローである。
 それらの配役が正解か否かは置いておくとして、香取慎吾の魅力は、アイドルらしく、やっぱり「容姿」にあると思う。
 ピチカート・ファイヴの小西康陽氏は彼を「和製ジャン・ピエール・レオー」などと言っていたけれど、レオー同様にちょっと何を考えているかわからない、バカのようで利口のようでもある表情と、ちょっとギラついているその眼力、大きな目と耳と口、大柄な身体に長い手足が印象的であり、それってすごく純粋無垢な雰囲気であったりする。例えばネズミや鳥の何を考えているか分からない純粋な目が、時に可愛らしく時にゾッとするほど不気味だったりするように、香取慎吾もその純粋さは可愛らしさがある一方でたまに怖い。


 で、今回は座頭市役である。座頭市はヤクザであり目が不自由なヒーローである。
 身体に障害があるヒーローっていうのは、ヒーロー界隈ではむしろ健常者のヒーローよりメインストリームに位置するのではと思うほど数えきれないほどいる。丹下佐膳、ゲゲゲの鬼太郎、改造人間の仮面ライダーなんかもそうだろうか。我々はどうも健常者ではない人々に異界とのトリックスター的な役割を期待し、超人的な力を持たせる傾向がある。つまり大きく言えば、ヒーローには、身体障害者に限らず「異界人」であることを求められる事が多い。


 で、そのようなヒーローを演じる際に、先ほど説明した香取慎吾の容姿が持つちょっと怖い純粋無垢な雰囲気が活きてくる。彼の容姿にある世間に汚されていないかのような得体の知れない純粋無垢さはまるで異界の住人の雰囲気であり、ヒーロー役にはうってつけである。だからこそ香取慎吾は多くの純粋なヒーローキャラクターを任されるのではないかと。


 「でも…」と言いたいのは分かります。先ほどベストではないがベターであると言いましたが、いくら香取慎吾がヒーロー役に適しているなんて言っても、今回はあの座頭市である。勝新太郎のイメージが強すぎる我々にとって流石にそれはないだろうと。勝新と比べると文句ばかり出ちゃう罠がこの作品にはある。

 まず勝新と比べると、香取慎吾には悲壮感ばかり出ちゃって、その大きな猫背からユーモアがあまり感じられない。勝新太郎が持っていた「ユーモア」っていうのは、へらへら下手に出ているけれど、裏ではどんな悪い事を企んでいるんだかわかったものじゃないっていう不敵さでもあって、それに引き換え香取慎吾の演じる市はただ実直で悲壮なイメージで、大胆不敵な傑物って雰囲気はない。

 で、更に不満なのは、イケメンがラブストーリーを演じるという安直さについて。
 おそらく香取慎吾がキャスティングされた理由の一つとして、もしくは香取慎吾がキャスティングされたからそうなったのかも知れないけれど、この作品、今までの『座頭市』シリーズと決定的な違いがあり、ラブストーリー的な側面を強調されている。
 『THE LAST』と銘打たれ、完結編であるというこの作品、勝手に終わらせちゃっていいのって感じはありますが、作品テーマは「殺し合いの連鎖」。完結編らしく、いつまでも続く殺し殺されの連鎖から抜け出そうとする市の物語なのであるが、冒頭の石原さとみと抱き合いながら刀を手放せない市のシーンが全てを象徴するように、なかなかその連鎖からは抜け出せない。彼をなんとか連鎖から救い出そうとするのが石原さとみとの「愛」。
 ラブストーリーだからイケメンがやる必要があるとされたのか、イケメンだからラブストーリーの必要があると考えたのかは解らないけれど、イケメン座頭市がラブストーリーを演じるってちょっと安直じゃないかな。座頭市ミーツラブストーリーならそれこそむしろ勝新のようなずんぐりむっくりで、得体の知れない雰囲気を持った男の方が、「愛を知って殺し合いから足を洗う」という物語にもより説得力が生まれたし、ドラマ的にも盛り上がったと思うんだけど…。

 と、勝新との比較をするとやはり不満が出てきちゃいます。まあ今の若手役者で勝新みたいな異様な雰囲気持ってる人いなさそうなんだけど…。


 でもフォロー入れますと、なんだかんだで慎吾君頑張っていたと思いますよ。殺陣とか座頭市っぽい仕草とか。勝新の物真似にしかなっていなかったのはちょっと残念だったけど、十分楽しめるアクションシーンでした。
 それと座頭市って、盲目だから常に目をつむっているんだけど、怒りに燃えた市があの目をいつか「カッ」と開くんじゃないかってハラハラ感がつきまとう。勝新太郎も香取慎吾もすごく目の力が強い役者で、我々はテレビ等で香取慎吾の「眼」を既に知っているから、観客をハラハラさせるにはこのキャスティングは有利である。そういう点でもこのキャスティングの意味はあったんじゃないかなって。

 あとはもうそういう新たなアレンジであるってことで、あんまり勝新太郎のことは思い出さない方が楽しめるかも知れない。

 以上、今作における香取慎吾の座頭市への配役は、勝新太郎との比較をしてしまうと、ちょっと不満が出てしまうけれども、新感覚の、あまりユーモラスではないけど、シリアスなアレンジを加えられた新たなヒーロー"座頭市"として、楽しめば決して悪くはないのではないだろうかと。


 あと良かった点として、なんといっても仲代達矢の恐ろしさ。その仕草一つ、歩き方一つをとっても不気味で荒々しく人間くさく、ゾッとするほど冷たく、とにかくめちゃんこ怖い。日本映画界のボスの風格がきちんとある。
 あと加藤清史朗君が頑張ってました。彼が終盤泣きじゃくりながら日本刀を担ぐシーンは、鳥肌が立つほどの、なかなかの名シーンでした。「殺し合いの連鎖」を更に深く描くには、この日本刀が血だらけだったらもっと良かったのになぁ…。

 あと「殺し合いの連鎖」という作品の方向性にきちんと則していて、決して甘くならないラストの畳み掛けも良かったです。最後のあれ、初映画作品だった『座頭市物語』のオマージュなのかな。


 不満は先ほどもちょっと書いたけれど、勝手に「完結編」と言っちゃっていること。例えば『シャーロック・ホームズ』を嵐の誰か主演で映画化して、「100年続いたホームズシリーズ、これにて完結!」とか言われているようなもので。なんかむかつく。


 まあそんなわけで、正直そこまで期待していなかったけれど、手堅い仕事をする阪本順治監督なんできちんとおさえる所はおさえてあるし、涙あり、ワクワクありで、拾い物といったら失礼だけれど、十分楽しめる作品でした。
 しょこたんレベル


 次回は、もう都内でやっているところはないんじゃないかな、ごめんなさい『ローラーガールズ・ダイアリー』の感想です。ごめんなさい。
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2010/06/14(月) 00:40:46|
  2. 映画サ行
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<「週刊少年ジャンプ」2010年28号の一言感想 | ホーム | 『告白』はひねくれまくった生命讃歌だよ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://karoujite.blog104.fc2.com/tb.php/75-20e382ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「座頭市THELAST」

座頭市THELASTオリジナル・サウンドトラック「座頭市THELAST」を鑑賞してきましたSMAPの香取慎吾が盲目の居合の達人に扮した“座頭市”シリーズ完結編。愛する者との約束を果たすた...
  1. 2010/06/14(月) 05:13:30 |
  2. 日々“是”精進!

座頭市 THE LAST

生活感あふれる座頭市という視点が新しいアクション時代劇だ。市は盲目の流れ者で剣の達人。数々の修羅場をくぐってきたが、愛する妻タネのため、人を斬る生活を捨てて静かに暮らすことを決意する。しかし、市を追うヤクザとの戦いでタネが命を落とす。身も心も傷ついた市...
  1. 2010/06/14(月) 22:42:17 |
  2. 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP

FC2カウンター

プロフィール

かろうじてアメリゴ・ベスプッチ

Author:かろうじてアメリゴ・ベスプッチ
 映画のこととか長々と書くブログです。
 たまに映画以外のことも書くよ。
 コメントくれたら嬉しいです。
 更新あんまりできないけれど。
 あと現代人なのでtwitterを始めました。
 chikiuso2800って名前。
 ご意見、ご感想、取り上げてほしい映画のリクエストなどございましたら、コメント欄か上記twitterIDにてお知らせください。

 なお映画の感想コーナーの最後で、実に分かりやすく画期的な映画の評価方法として、その映画のレベルに見合ったアイドルの名前を書いております。

Twitter on FC2

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

映画ア行 (36)
映画カ行 (51)
映画サ行 (35)
映画タ行 (28)
映画ナ行 (8)
映画ハ行 (40)
映画マ行 (17)
映画ヤ行 (4)
映画ラ行 (14)
映画ワ行 (1)
2010年度映画ランキング (3)
少年ジャンプ (47)
特集 (3)
謝罪 (2)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。